病院指標

平成29年度 新潟県済生会三条病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 310 70 95 252 223 267 641 770 814 218
全体で見ると高齢化の影響で60歳以上の患者様の頻度が多く、全体の67%を占めております。
年齢別に傷病の頻度を見てみますと、10歳以下では肺炎などの呼吸器系疾患の頻度が著明です。
60代以上になると肺炎や心不全が多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 104 36.84 20.83 13.46 84.24
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 30.36 17.71 4.35 84.17
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 45 10.89 8.73 0.00 73.51
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 15.36 10.61 0.00 76.02
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 31.81 12.23 15.38 77.92
内科は高齢の患者様が多く、全国平均と比較して平均在院日数が長くなっております。
理由として急性期を脱した患者様が安心して在宅復帰できるよう地域包括ケア病棟に移っていただき、リハビリなど丁寧な治療を行っていることが挙げられます。
1番目に多い症例は、誤嚥性肺炎です。
2番目に多い症例は、心不全です。
3番目に多い症例は、早期胃癌に対する内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層切除術(ESD)の入院です。
4番目に多い症例は、総胆管結石、胆管炎に対する内視鏡による手術の入院です。
5番目に多い症例は、慢性腎不全です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 6.04 5.70 0.00 4.92
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 40 6.45 5.94 0.00 2.38
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 28 6.18 6.03 0.00 1.68
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 6.71 6.32 0.00 3.79
030270xxxxxxxx 上気道炎 19 5.42 4.84 0.00 3.16
小児科は常勤医師3名の体制で診療を行っております。
市内開業医から入院を必要とする患者様の紹介を多く受けております。
1番目に多い症例は、肺炎です。
2番目に多い症例は、急性気管支炎です。
3番目に多い症例は、インフルエンザ・ウイルス性肺炎です。
4番目に多い症例は、喘息です。
5番目に多い症例は、上気道炎です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 14.33 15.61 0.00 73.63
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 25 7.48 6.64 0.00 61.28
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 24 3.00 4.81 0.00 68.25
06007xxx9907xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり 21 3.00 6.31 0.00 57.05
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 21 7.29 7.01 0.00 41.90
外科では腹腔鏡の手術に力を入れております。
患者様への侵襲を少なくし、入院期間の短縮につながっております。
抗癌剤治療は、外来だけでなく高齢者の方が安心できるよう入院治療も行っております。
1番目に多い症例は、結腸癌に対する悪性腫瘍切除術の入院です。
2番目に多い症例は、胆嚢結石に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術の入院です。
3番目に多い症例は、直腸癌に対する化学療法の入院です。
4番目に多い症例は、膵癌に対する化学療法の入院です。
5番目に多い症例は、虫垂炎に対する保存療法の入院です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 19 46.89 19.94 10.53 76.47
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 15 43.60 15.22 13.33 85.40
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
整形外科では高齢者の骨折の治療を多く扱っております。
安心して在宅復帰できるようにリハビリに時間をかけて行っております。
1番目に多い症例は、腰椎圧迫骨折の入院です。
2番目に多い症例は、大腿骨近位骨折の入院です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 111 4.92 7.31 0.00 72.62
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 33 6.67 7.64 0.00 74.48
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 28 4.07 5.75 3.57 61.00
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 21 2.62 2.73 0.00 55.90
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし 19 4.63 5.39 5.26 64.26
泌尿器科では患者への侵襲の少ない経尿道的手術を多く行っております。
県央医療圏で唯一体外衝撃波結石破砕装置があり、腎・尿管結石の治療を行っております。
1番目に多い症例は、膀胱癌に対する経尿道的切除術の入院です。
2番目に多い症例は、前立腺肥大症に対する経尿道的レーザー前立腺切除術の入院です。
3番目に多い症例は、腎・尿管結石に対する経尿道的尿管結石摘出術の入院です。
4番目に多い症例は、腎・尿管結石に対する体外衝撃波破砕術の入院です。
5番目に多い症例は、腎・尿管結石に対する保存療法の入院です。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 39 11.87 9.75 0.00 34.79
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 2.04 6.18 3.70 0.00
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 26 17.58 20.41 19.23 32.92
120140xxxxxxxx 流産 12 1.67 2.43 0.00 33.00
- - - - - - -
県央医療圏では唯一産科のある総合病院として内科、小児科とも連携を図ることができます。
1番目に多い症例は、帝王切開による分娩の入院です。
2番目に多い症例は、新生児黄疸に対する光線治療入院です。
3番目に多い症例は、切迫早産に対する管理入院です。
4番目に多い症例は、流産の処置入院です。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 33 6.52 6.37 0.00 45.03
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 28 10.25 9.91 3.57 45.11
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 24 6.58 6.28 0.00 42.63
120100xx02xxxx 子宮内膜症 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 19 6.74 6.80 0.00 40.63
12002xxx97x00x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 6.93 9.03 0.00 45.36
婦人科では腹腔鏡の手術に力を入れております。
患者への侵襲を少なくし、入院期間の短縮につながっております。
1番目に多い症例は、卵巣嚢腫に対する腹腔鏡下腫瘍摘出術の入院です。
2番目に多い症例は、子宮筋腫に対する開腹による子宮全摘術の入院です。
3番目に多い症例は、子宮筋腫に対する腹腔鏡下子宮全摘術の入院です。
4番目に多い症例は、子宮内膜症に対する腹腔鏡下子宮内膜症手術の入院です。
5番目に多い症例は、子宮頸部上皮内癌に対する腹腔鏡下子宮全摘術の入院です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 50 - - 41 14 29 1 6,7
大腸癌 17 15 26 71 26 71 1 7
乳癌 - - - - - 11 1 6、7
肺癌 - - - - - 17 1 7
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌、大腸癌に対する手術は初期のものは内視鏡下粘膜切除術や腹腔鏡下手術を行い、体に負担がかからないように心がけております。再発が多い疾患は大腸癌、胃癌の順となっております。再発した場合には化学療法が治療の主体となりますが、当院では積極的に最新の化学療法を取り入れ、薬剤師とともにチームとして治療、副作用対策を行っております。初期の肺癌の患者様は他院へ紹介しております。肝癌の症例では主に冠動脈塞栓術や薬物療法を行っております。病期不明となっている症例につきましては、治療前の検査入院が多く、入院中に検査結果が出ていないため、病期分類ができていないことが理由として挙げられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 7.82 53.00
中等症 78 24.18 77.92
重症 24 36.46 82.17
超重症 - - -
不明 - - -
当院において重症度別患者数が最も多いのは中等症の患者様となっております。平均年齢を見てますと、中等症以上では80歳前後と高齢になっており、成人市中肺炎は高齢になるほど重症になることが分かります。平均在院日数を見ても、重症ほど長くなっております。
【定義】
・市中肺炎:病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎。
・重症度:肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)により。年齢性別や血液中の酸素濃度、脱水症状の有無、意識障害の有無等で軽傷0点、中等症1・2点、重症3点、超重症4~5点または不明に分類しております。数字が大きいほど重症になっていきます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
平均年齢は86.0歳で、高齢者の方が多くなっております。
治療とリハビリを行い、平均して2ヶ月程度の入院期間で退院されております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 49 3.31 17.78 0.00 78.73
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 45 1.13 8.76 0.00 73.51
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 34 2.26 2.24 0.00 73.68
K654 内視鏡的消化管止血術 20 3.80 22.50 5.00 72.90
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 16 1.00 7.31 0.00 63.75
1番目に多い手術は、総胆管結石等に対する内視鏡的胆道ステント留置術です。
2番目に多い手術は、早期胃癌に対する内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層切除術(ESD)です。
3番目に多い手術は、大腸ポリープ、大腸線種に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。
4番目に多い手術は、上部消化管出血に対する内視鏡的消化管止血術です。
5番目に多い手術は、早期大腸癌に対する内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層切除術(ESD)です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 64 0.66 1.78 0.00 67.14
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 35 1.26 5.06 0.00 61.91
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 24 4.08 9.96 0.00 72.63
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 11 0.91 3.18 0.00 25.09
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 10 1.90 4.90 0.00 61.90
1番目に多い手術は、鼠径ヘルニア手術です。
2番目に多い手術は、胆嚢結石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術です。
3番目に多い手術は、大腸癌に対する腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術です
4番目に多い手術は、虫垂炎に対する腹腔鏡下虫垂切除術です。
5番目に多い手術は、乳癌に対する乳房切除術(腋窩部廓清を伴わないもの)です。
腹腔鏡下手術による体への負担軽減が入院期間の短縮につながっていると思われます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 161 1.00 1.00 0.00 76.24
眼科では白内障に対する眼内レンズによる水晶体再建術を最も多く行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 108 1.06 2.88 0.00 73.04
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 92 0.14 1.27 0.00 54.47
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 32 1.00 4.38 0.00 74.22
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 25 1.28 3.76 0.00 72.52
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 24 1.00 2.29 4.17 64.08
1番目に多い手術は、尿道から内視鏡を挿入して電気メスにて膀胱腫瘍を切除する手術です。
2番目に多い手術は、体外衝撃波にて腎・尿管結石を破砕する手術です。
3番目に多い手術は、尿道から内視鏡を挿入してレーザーで肥大した前立腺を切除し、排尿障害を改善する手術です。
4番目に多い手術は、尿道から内視鏡を挿入して肥大した前立腺を切除し、排尿障害を改善する手術です。
5番目に多い手術は、尿道から内視鏡を挿入してレーザーで尿管結石を破砕し摘出する手術です。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 36 3.14 9.97 0.00 35.08
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 19 4.84 9.32 5.26 31.79
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 11 0.00 0.09 0.00 33.18
- - - - - - -
- - - - - - -
1番目に多い手術は、予定に行われた帝王切開手術です。
2番目に多い手術は、緊急に行われた帝王切開手術です。
3番目に多い手術は、流産の処置手術です。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 34 1.12 4.59 0.00 46.26
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 29 1.00 4.69 0.00 46.24
K867 子宮頸部(腟部)切除術 25 0.00 1.00 0.00 39.72
K877 子宮全摘術 20 1.00 8.30 5.00 46.70
K863 腹腔鏡下子宮内膜症病巣除去術 19 1.00 4.74 0.00 40.63
1番目に多い手術は、腹腔鏡下による卵巣腫瘍摘出術です。
2番目に多い手術は、腹腔鏡下による膣式子宮全摘術です。
3番目に多い手術は、子宮頸部異型成に対し、レーザーにて子宮頸部を円錐切除する手術です。
4番目に多い手術は、膣式もしくは腹式による子宮全摘術です。
5番目に多い手術は、腹腔鏡下による子宮内膜症病巣除去術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 20 0.55
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.36
異なる - -
手術・処置等の合併症の傷病名の内訳は術後出血、透析シャント狭窄、生検後出血となっております。
どのような術式でもどのような患者様でも、合併症は一定の確率で起こり得るものですが、予防対策に全力で取り組んでおります。
更新履歴
平成30年10月1日 病院指標を平成29年度データにて更新。
患者数が10未満の場合、患者数は「-」としております。