• ホーム
  • 新着情報
  • 「済生会三条病院附属保育園 たんぽぽ」が、「人にやさしいまちづくり賞」を受賞しました。

新着情報

「済生会三条病院附属保育園 たんぽぽ」が、「人にやさしいまちづくり賞」を受賞しました。

2017年12月28日

 当院 の”附属保育園 たんぽぽ及び病児・病後児保育ルームなのはな” が、「平成29年度 人にやさしいまちづくり賞」を受賞し、12月26日(火)に新潟県より表彰されました。
 この賞は高齢者、障害者をはじめ、すべての人が自由に活動でき、主体性を保ちながら社会参加できるよう、率先して福祉のまちづくりに取り組んでいる団体・個人等に贈られるもので、今回は平成28年4月1日に開園した当保育園のコンセプト、構造ならびに運用が、その趣旨に合致しているとして評価されたものです。去る10月30日に、8名の審査委員の方から当園にお出でいただき、各室および外構全体を説明しながら審査をしていただきました。
 当院では設計にあたり、保育園の行事にご家族の方がお出でになることや、災害時に地域の方の緊急避難場所になることなど、さまざまな状況を考えてこの建物を作り上げたものであり、その結果が今回の受賞につながったものと考えております。
 私たちは今回の受賞を励みに、これからも保健・医療・福祉の分野で様々な方々が使いやすい施設を目指し、活動を続けてまいります。
 最後になりましたが、このような素晴らしい保育園を設計してくださった、㈱高田建築設計事務所様および正確・確実な施工を行ってくださった、㈱大石組様に深謝申し上げます。

(写真は、県庁にて行われた表彰式の模様と附属保育園の外観です)