当院について

理念・挨拶

看護部理念 

思いやりの心を大切に患者さんと共に歩む看護を実践します

教育理念

看護の倫理観に基づき豊かな人間性を備えた人材を育成する

目指す看護職の姿

  1. 患者さん一人ひとりを尊重し、患者自身が持つ力を最大限に引き出せる看護を実践する
  2. 安心・安全な看護を実践する
  3. 医療と福祉の連携をはかり、地域の人々の健康を支える
  4. 看護職としての倫理観を持ち、専門職として学び続ける

看護部長からのメッセージ

看護部長

当院は地域に密着したサービスの提供を使命としています。病院の方針のもと看護部では、地域の人たちが住み慣れた環境で安心して暮らし続けていくために、地域の福祉サービスとの連携を強化しています。また、済生会組織の使命である医療と福祉をつなぐ役割を担い、地域の生活者を支えていくために多職種と常に連携をとるなど、活動の場を広げ頑張っています。

看護部理念で大切にしているのは「思いやり」です。生まれた時から人生の最終段階まで、すべてのライフステージの人たちに対し「思いやり」を持ち、「共に歩む」看護を目指しています。
「思いやり」を持つことは、決して優しい対応という事には留まりません。思いやりを持つためには、相手を全人的に理解することに努める姿勢が大切だと私たちは考えます。

このような活動を通して、看護師1人1人がやりがいを持って看護を実践し続ける環境を作ることが、私の使命だと考えます。そのためには、職員同士が安心して話し合える関係性が大切で、それぞれの価値観の違いを認め合える風土作りを目指しています。そして折に触れ自分のキャリアを考える機会を作り、お互いの成長を共に喜び、育ち合う組織を全員で創っていきたいと思っています。