当院について

院長挨拶

院長 郷 秀人 写真

新潟県済生会三条病院のホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

当院は昭和18年に三条市より恩賜財団済生会に要望が出され設立された病院であります。以来「済生の心」を受け継ぎ、「病める人に学び、より良い医療と福祉を提供する」を院是とし、安心・安全で質の高い医療を提供すべく職員一同日々の仕事に従事しております。

済生会は明治44年に明治天皇の「済生勅語」により設立された団体で、平成23年に創立100周年を迎え、次の100年に向けて新たなスタートを切りました。当院も、済生会の使命である無料・低額診療事業とともに生活困窮者支援事業にもさらに力を注ぎ、済生会に所属する病院としての役割を果たしてまいります。

当院は、県央二次医療圏では中核的な病院であり、入院・外来診療ともに地域にはなくてはならない病院となっております。内科、外科系ともに内視鏡による治療に力を注いでおり、消化器疾患の内視鏡的検査ならびに処置と外科、産婦人科、泌尿器科における腹腔鏡下手術も数多く行っており、患者さんにとって侵襲の少ない、やさしい治療を提供しております。
また、慢性呼吸器疾患の患者さんも多く、外来・入院治療に対応しております。慢性血液透析も行っており、平成25年には21床から40床に増床いたしました。
県央医療圏では唯一小児科と産婦人科の医師がそれぞれ複数いる病院であり、さらに助産師も多く配置しており、安心して出産していただける施設であると思っています。

平成28年4月より附属保育園「たんぽぽ」、病児病後児保育ルーム「なのはな」を病院の前(旧うるおい広場)に開園いたしました。「愛情と信頼感」をモットーに安心・安全で質の高い保育を提供しております。これまで三条市になかった病児病後児を預かる施設を建設させていただき、地域に貢献しております。

平成28年4月より、三条市からの委託を受け、院内に「在宅医療推進センター」を設置し、本年5月からは名称を「三条市地域包括ケア総合推進センター」と変更し、三条市の地域包括ケアシステム構築の中心となって活動を行ってまいります。

令和元年となる今年度から、新たに「済生会三条療育サポートセンターひまわり」を開設いたします。この施設では、①児童発達支援事業、②放課後等デイサービス事業、③相談支援事業を行い、発達に課題を抱えるお子さんの成長と自立をサポートしてまいります。

済生会三条グループには介護老人保健施設「ケアホーム三条」、特別養護老人ホーム「長和園」、「済生会三条訪問看護ステーション」が併設されており、グループをあげて、切れ目のない医療・福祉サービスを提供し、地域包括ケアシステムの構築に貢献してまいります。

最後に、私は常日頃より医療人である前に社会人であれ、社会人である前にヒトであれをモットーにしております。社会人としてはもちろん、ヒトとして周囲から認められなくては医療人として認められるはずはないと考えております。職員全員が日々この気持で仕事に従事し、地域の皆様に信頼され愛される医療・福祉施設となるべく努力してまいります。

これからも皆様からのご指導ご鞭撻、時にはお褒めの言葉も、よろしくお願いいたします。

2019年4月 社会福祉法人恩賜財団済生会支部
新潟県済生会三条院長 郷 秀人